中学受験成功にむけて

以前、中学受験は特別教育熱心な家庭だけが経験するものでしたが、近年はクラスでも数名は中学受験志望者がいます。それほど特別なことではなくなりました。

とはいうものの、受験生は小学6年生ですから、体は大きくても精神的にはまだ子供です。他の子供が遊んでいるときに勉強しなければならないのは、保護者の想像以上に辛いものです。子供の身で約一年間も勉強を継続しなければならないのです。その我慢に報いるためにも、努力は報われるのだという経験をさせてあげたいものです。

小学校6年生というと、ちょうど思春期に足を踏み入れる多感な頃です。「辛かったけれど、がんばった甲斐あって合格できた。努力は報われるんだ。」この時期、そのような体験をすることは人生全体にもいい影響を与えます。

中学受験をする子供は他の子供よりも3年早く人生の岐路を迎えるのです。この経験は決して甘いものではありません。保護者も子供も結構なプレッシャーに悩まされているはずです。

子供を健康的な精神状態に保つには保護者の気分が非常に大きく影響します。こういう場合、よく「母親がカギになる」「母親が頑張らなければならない。」という言葉を聞きます。しかし、この言葉には問題が含まれています。

中学受験の責任を母親だけに集中させるのは望ましいことではないのです。ここでは、あえて「両親がカギになるので両親ともども頑張らなければならない。」と申し上げたいのです。中学受験は親子で協力し合うもので、当然親というのは両親のことです。

もちろん母親と父親の協力する方法やスタイルは違います。身の回りの世話をする係、試験の分析をする係など両親の仕事や性格などによって分担は変わってきますが、受験生本人と両親が一つの方向を向いて協力し合うことこそが中学入試の合格の基礎なのです。