中学受験の調査書

近年は減少傾向にありますが、中学受験には調査書というものを要求する学校もあります。高校進学の時によく問題になる内申書のようなものです。学校での成績や学校生活における所見などを記載させるものです。

記載するのは6年生の担任教諭です。受験の合否に対する影響の度合いは試験の成績、面接、調査書の順になります。試験の成績が良ければあまり気にする必要はありません。学校生活で余程大きな問題でもない限り所見で不合格要素を記載する担任教諭もいないでしょうから、試験をする側から見れば大して参考にもできないというところでしょう。

また、小学校の成績表はクラスの中での相対評価であり、しかも、担任教諭の教育方針や感情的な部分も入りやすいので本当の学力を表していない場合もあります。入学試験をするのですから、中学校側で今後教育に必要な学力は試験で確認できます。調査書を要求する中学校が減っている理由はそういうところにあると思われます。

ただ、一点見られるのは出欠状況です。あまり欠席が多い場合には面接などで理由を聞かれます。この点に関しては塾とよく相談しておきましょう。欠席日数が多い場合には調査書を要求しない学校を選択する方法もあります。