中学受験の情実入学

近年少なくなったものの一つに情実入学というものがあります。学校の関係者の親戚や知人で口利きで合格させるというものです。以前は、卒業生の子弟は入学させる方針の私学も少なくありませんでした。

しかし、私立学校も公的な使命を帯びた機関であるという認識が普及している現代ではあまり聞かれなくなりました。高校や大学では推薦入試などの、公にはっきり認められた入試方法もありますが中学受験では小学校が推薦するような制度はありません。

塾によって中学校に対して入学枠を持っているなどという話も耳にしますが、現実のところはわかりません。特に最近の中学入試では調査書が廃止され面接も廃止傾向にあります。となれば、そういう情実を記載したり申し述べる機会もないということになります。情実入学が皆無かどうかはわかりませんが減っているのは確かなことです。

現実問題として、無理にコネ入学を果たしたとしても、学力がついていかなければ学校生活が困難になり、不自然な形で転校するような事態にもなりかねません。保護者にも子供にも経済的にも余分な負担になるだけです。
地道な方法で、本当に子供に合う学校を選択することが将来にいい影響を及ぼす中学受験といえます。