中学受験の志望校選択

中学受験の場合は往々にして、保護者が早くから志望校を決めている場合があります。自分の出身校であったり、自分が不合格だった学校にぜひ子供を入れたいなどと考えている方は多いはずです。ただ、これが子供のためになるかどうかは別問題です。

中学校を決める場合に、まず考えなければならないのが通学にかかる時間です。通学時間が長ければ、体への負担が大きいので中学校の勉強には不利な条件になります。また、電車の込み具合も、まだ小柄な中学一、二年生には苦痛になります。座って通えるというのも念頭に置いておきましょう。進学校はカバンの重さもなまなかではありません。また、通学の安全面を考えると帰りが遅くなるのも考えものなのです。一般的な判断基準として一時間は一つの目安になります。

もう一つ考えなければならないのが教育方針です。難関国立大学へ進学するための中学受験と、有名私立大学の付属中学への進学では意味合いが違います。中学受験は大学進学を見据えて志望校を決める必要があるのです。

また、有名私立大学といってもミッション系もあればそうでない学校もあります。ミッション系の場合には宗教行事がカリキュラムの中に組み込まれている場合もあります。そういうことを認識して志望校を決めていきましょう。