中学受験と家庭教師

中学受験を学校の授業だけで合格するのは非常に難しいことです。多くの中学校では公立中学では教えない内容も試験に出題します。出題傾向は学校によって大きく違います。ほとんど家庭では塾か家庭教師を利用します。

家庭教師を選ぶメリットで最も大きなことは、通学時間が不要なことです。中学受験の勉強は学校の授業が終わってから始まりますから塾へ通う時間は大きな負担になります。時間の問題もさることながら安全面も気にかかるところです。保護者が送迎するなら保護者にとっても大きな負担になります。

また、塾の都合で食事が不規則になることも気がかりです。子供が自分でコンビニ弁当を買う姿は痛々しいものも感じます。不規則でバランスの悪い食生活は受験結果だけではなく子供の生活全体に悪影響を及ぼします。家庭教師なら、受験生側の都合に合わせた時間に来てもらうこともできます。

学習プランも本人だけのプランを組むこ事ができるので、弱い部分を集中的に補うことができます。有名学習塾に行くには学力不足という場合などには特に適しています。

ただ、情報という面ではその先生がどの程度のレベルなのか、一般家庭では判断しにくいのです。また、受験生との相性が合わなければ途中解約など面倒なことも起きます。途中解約などをすれば、手続きや経費面がもったいないだけではなく学習計画そのものが、出直しが必要になります。家庭教師は個人差が大きいので事前のリサーチは非常に重要です。