中学受験成功の課題

中学受験を成功させるために、塾や家庭教師を利用する家庭は多いのですが、それでみんなが合格するわけではありません。中には残念な結果に終わってしまう子もいます。

せっかく塾や家庭教師を利用しても、合格不合格が出てしまうのはなぜでしょう?その大きな要因が、子供が与えられた課題をしっかりこなしていくかどうかにあります。

中学受験は、高校受験よりも難しい点があります。高校受験は学校一丸となって取り組みますが、中学受験は学校とは別に取り組むものです。学校では受験生といえども宿題がでますし、宿題が出ればやっていかなければなりません。当然塾や家庭教師もこの点は理解していますから不可能なほどの大量の課題を与えることはありません。

与えられた課題を真面目にこなす子供は合格に近いところに居るといっていいでしょう。課題は多くの場合欠点を補い、次の授業についていけるようにするためのものです。課題をこなすことによって次のステップに進めるのです。

与えられた課題を手抜きなしにやっているかどうかを見守るのも保護者の仕事です。塾へ行かせているから、家庭教師に来てもらっているから、十分に学習しているはずだと思い込むのは間違いです。塾や家庭教師はやればステップアップが期待できる課題を与えることはできますが、自分の管理外のところで子供が課題をこなすかどうかまで見ることはできないのです。