中学受験と親の度量

中学受験で志望校を決める時には大学進学を視野に入れて決めることになります。保護者は「この中学に合格して、この高校に入って大学は、まあこことここぐらいに入ってくれて」などと先の話を空想しては子供に聞かせることも多いかと思います。

そういうことを思いながら勉強して、保護者も子供もものすごく頑張っても不合格になってしまうこともあります。保護者の中には、怒り狂って子供を責める人もあります。高校受験や大学受験は周りに合格者も不合格者もたくさんいて悲喜こもごも、慰めあったり励ましあったりする相手がいるものですが、中学受験はクラスの中では少数派なので、慰めあう相手もいない場合もあります。

大学受験や高校受験では専願や併願、浪人などの選択肢がありますが中学受験は人生にたった一度の機会なので不合格ならそれを真正面から受け止めるしかない、小学生には過酷な受験制度なのです。ここで、保護者が動顛して取り乱しては話になりません。中学受験が残念な結果に終わっても、人生にはまだまだチャンスがいっぱいある、大事なのは今後どうするかなんだということをしっかり教えてあげなければなりません。

中学受験を決めるときに、「公立中学では話にならない」系の決め方をすると不合格の時には話の持って行きようがなくなってしまいます。中学受験の勉強期間中に子供に「失敗したらどうする」などの話をするのはNGですが、保護者は失敗も想定して、ここが懐の深さの見せどころ、保護者としての愛情の示しどころと心得ましょう。